Designer's Guide > 2008年12月


最新エントリー

大量のフォトショップブラシ&グラデがダウンロード出来るサイト5つ
フォトショップ(輝きのある鉛筆アイコン作成チュートリアル)
GIMP(折れ曲がり・めくれ画像を作るチュートリアル)
フォトショップ(芝生画像を使ったテキストチュートリアル)
なかなか使えそうなフォトショップPSDファイル6つ
フォトショップ(モサモサしたジャガーなフォルダアイコンチュートリアル)
フォトショップ(炎で燃えたような文字を作るチュートリアル)
GIMP(Vista風ボタンのチュートリアル)
GIMP(MacOSXレパードのオーロラ背景を作るチュートリアル)
フォトショップ(モサモサしたジャガーなフォルダアイコンチュートリアル)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォトショップ(3Dクロームテキスト作成チュートリアル)

3Dテキスト

参考ページ : PSDTUTS » How to Create High Quality Metal 3D Text in Photoshop

上画像のようなクローム風の3Dテキストを作る
Photoshop(フォトショップ)チュートリアルです。

基本的な作り方はシンプルですが、細かい設定は必見です。
かなりハイクオリティな3Dテキストが出来上がりますよ。

スポンサーサイト

フォトショップ(Google Chromeのロゴを作るチュートリアル)



参考ページ : ADOBETUTORIALZ » Google Chrome Logo Design

ウェブブラウザ『Google Chrome』のロゴを作る
Photoshop(フォトショップ)チュートリアルです。

※今回紹介するのはロゴ作成ですが、『アイコン』カテゴリに入ってます。

あまり、こんなロゴ作ることは無いと思いますが
勉強のためにどうぞ。

クールなフォントでクールなテキストを作成してみた



参考ページ : grahamphisher > tribal-text

今回は、クールなフォントを使って『羽根が生えたような?』
クールなテキストを作成してみました。

↑これだけじゃ全然何言ってるのかわからないと
思うので下記にサンプルを用意しました。

作るといっても、テキスト(フォント)を組み合わせるだけです。
誰でもできます。 GIMPでもPhotoshop&IllustratorでもOK!

GIMPの場合はフォントを使えるようにしないとダメです。
参考ページ : Gimp-FreeTypeプラグインを使おう(フォントの追加)

PhotoshopとIllustratorはOSにインストールすれば使えます。

では、こんな感じになりました。

クールなフォントでクールなテキストを作成してみたの続き

クリスマス用Photoshopブラシいろいろ

クリスマスPhotoshopブラシ

今回は、クリスマス用のイラストやクリスマスカードなどを
作成する時に便利なPhotoshop(フォトショップ)ブラシを紹介します。

PhotoshopブラシはGIMP2.4以降でも使えます。

また、ブラシを使用する場合は
各リンク先のライセンスを確認してから使いましょう。

クリスマス用Photoshopブラシいろいろの続き

GIMP(雪だるまのクリスマスカードを作る方法)

GIMP思い込みチュートリアル

参考ページ : GIMP思い込みチュートリアル » 雪だるまのクリスマスカードを作る方法

いつも拝見しています『GIMP思い込みチュートリアル』さんの
エントリーからご紹介です。

この時期にはもってこいのエントリー!
『GIMPで雪だるまのクリスマスカードを作る方法』

今回も勉強になるGIMPチュートリアルですよ。
雪の描き方なんかは、ステキです。
それにしても、何気にカワイイんですけどぉ、この雪だるま・・・笑。



TagList


チュートリアル Photoshop GIMP テキスト アイコン Illustrator ブラシ ボタン 壁紙 フォント PSD 動画 インスピレーション ナビゲーションバー テクスチャ CSS 背景 グラデーション デザインサイト テンプレート アニメーション 

link

profile

kom.ken

無料カウンター
無料カウンター
管理人 : kom.ken
このブログは、WEBデザインに役立ちそうな、PhotoshopやGIMPのチュートリアルなどを紹介しています。また、私のブックマーク代わりも兼ねています。

formmail

名前:
メール:
件名:
本文:

copyright©


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。