Designer's Guide > スポンサー広告[GIMPチュートリアル]その他 > GIMP(雪が降っているように見せるチュートリアル)


最新エントリー

大量のフォトショップブラシ&グラデがダウンロード出来るサイト5つ
フォトショップ(輝きのある鉛筆アイコン作成チュートリアル)
GIMP(折れ曲がり・めくれ画像を作るチュートリアル)
フォトショップ(芝生画像を使ったテキストチュートリアル)
なかなか使えそうなフォトショップPSDファイル6つ
フォトショップ(モサモサしたジャガーなフォルダアイコンチュートリアル)
フォトショップ(炎で燃えたような文字を作るチュートリアル)
GIMP(Vista風ボタンのチュートリアル)
GIMP(MacOSXレパードのオーロラ背景を作るチュートリアル)
フォトショップ(モサモサしたジャガーなフォルダアイコンチュートリアル)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Advertisement
ブックマークに追加する

GIMP(雪が降っているように見せるチュートリアル)






このエントリーはGIMPチュートリアルです。
上画像のように、強引に雪を降らしてみる・・・

今回使用した画像はFlickr(フリッカー)より
Reporter Covering ・・・(by Thomas Hawk)
Spring chickens!(by Kanaka's Paradise Life)

では、簡単なチュートリアルを・・・



はじめに、任意の画像を貼り付けた後、
『新規レイヤー』でレイヤーを一枚用意します。

そのレイヤー中心付近に、『ぼかし丸ブラシ(#ffffff)』で複数の点を
書いていきます。(適当でOK)



そのレイヤーを
『フィルター→マップ→繋ぎ目なしタイル』で
雪をランダムに降らせます。



その後、レイヤーを好きなだけ複製します。
(雪の量を調整してください)

複製したレイヤーは、ランダムに散らばらせます。



複製したレイヤーをまとめる為
『可視レイヤーの統合』を選択。

もしも、雪に動きを付けるのであれば
『フィルター→ゆがみ』
または『フィルター→ぐるぐるひねる』などで調整。
(動きを付けないのであれば必要ありません)



最後に、軽く雪を積もらせます。
私の場合は、上画像のブラシを使いましたが
雰囲気が出れば何でもOK(←結構いいかげん)

出来上がりはこちら


※画像選びが重要です。 このチュートリアルで使用した
おもいっきり『夏ビーチ』な画像は、はっきり無理があります。・・・笑

Advertisement
ブックマークに追加する



« CSSレイアウトサンプル40種類がダウンロードできるサイト |Designer's Guide| フォトショップ(透明なテキストを作るチュートリアル) »

コメントの投稿

  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

URL :http://designtutorial.blog32.fc2.com/tb.php/41-acbf8604


TagList


チュートリアル Photoshop GIMP テキスト アイコン Illustrator ブラシ ボタン 壁紙 フォント PSD 動画 インスピレーション ナビゲーションバー テクスチャ CSS 背景 グラデーション デザインサイト テンプレート アニメーション 

link

profile

kom.ken

無料カウンター
無料カウンター
管理人 : kom.ken
このブログは、WEBデザインに役立ちそうな、PhotoshopやGIMPのチュートリアルなどを紹介しています。また、私のブックマーク代わりも兼ねています。

formmail

名前:
メール:
件名:
本文:

copyright©


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。